お釈迦様の誕生日

本日4月8日は、お釈迦様の誕生日。
ご誕生されたルンビニー園は、花が満開で「花まつり」と言われるようになりました。「花まつり」では、お釈迦様の像に甘茶をかけてお祝いします。これは、お釈迦さまがルンビニー園で生まれられる時、天に9匹の龍が現れ、甘露の雨を降り注いだということに由来しています。また、お釈迦様が誕生した時、すぐに東西南北に7歩づつ歩まれ、立ち止まり、右手で天を、左手で地を指差し「天上天下 唯我独尊 三界皆苦 吾当安」と叫ばれたとされています。まず、東西南北に7歩ずつ歩まれたとは、6より1多い「7」に意味があります。私たちの生命は「六道」という迷いの世界を輪廻している。と仏教では教えられています。この迷いの世界から1歩出て、幸せの世界へ往くことを、六道出離と言い、それを、7歩で表わされました。
「六道」とは、次の6つの迷界のことです。1.地獄界、2.餓鬼界、3.畜生界、4.修羅界、5.人間界、6.天上界(六道の中では、楽しみので多い世界だが、迷界に違いなく、悲しみも、寿命もあり) 。
「天上天下 唯我独尊 三界皆苦 吾当安」
(天上にも地上にも、人間〈我〉のみの独尊あり。人生〈三界〉はみな苦なり。吾〈釈迦〉当に此を安んずべし)。
一般に「天上天下唯我独尊」と聞くと、「ただ自分(釈迦)だけが偉い」という意味で、いばって言われたのだと思われがちですが、そうではありません。この「我」はお釈迦様ではなく、私たち全ての人間のことです。お釈迦様自身を表す「われ」は、四句目「吾当安此」の「吾」です。ですから、ここでお釈迦様は、「ただ我々人間にのみ成し得る、たった一つの尊い目的(独尊)がある」と仰っています。つまり、我々人間の命に差別はなく、皆、平等に尊いということです。私たちは、何の為に生まれてきたのか?何の為に仕事をして生きているのか?なぜ、苦しいこと、悲しいことがあっても生きるのか?等、人生の目的を教えられたのが、お釈迦様であり、仏教です。「天上天下 唯我独尊」のあとにお釈迦様は、「三界皆苦 吾当安此」と言われています。「三界」とは、「私たちが住む世界を、3つに分けて教えられています。1.欲界、2.色界、3.無色界。
いずれも苦しみ迷いの世界ですから、「皆苦(皆、苦なり)」と言われます。
しかし、お釈迦様は、この三界にいながらでも、誰もが本当の幸福になれるのだよ。と「吾当安此(吾当に此を安んずべし)」と仰っています。
仏教を聞けば、苦しみの六道を離れ、どんな人も本当の幸せになれることを、ここで断言されています。コロナ禍の中、私たちの生活も激変し、苦しい生活を余儀なくされている方も多いと思います。しかし、そのような中でも、私たちは生きています。男女、年齢、貧富の差、人種や民族に関係なく、誰でも絶対の幸せになれる。そのように信じて、私たちが人間に生まれてきた本当の意味を知る1日としたいと思います。合掌。
B!