スーパーシティ構想

昨日は、貝塚市で開催されました、スーパーシティ講演会に参加し、ご挨拶をさせて頂きました。片山さつき元地方創生担当大臣によるリモート講演、事業者の皆様からの取り組みの発表等、大変勉強になりました。

私は当選以来、ずっと地方創生に関する特別委員会にも所属をしており(現在は、総務大臣政務官ですので外れています)スーパーシティ構想についても委員会で質問させて頂いています。「#スーパーシティ構想」とは、いわば「まるごと未来都市」をつくろうというものであります。

AI及びビックデータを活用し、社会の在り方を根本から変えるような都市設計の動きが、国際的に急速に進展していることに鑑み、暮らしやすさにおいても、ビジネスのしやすさにおいても、世界最先端をいくまちづくりであって、第4次産業革命を先行的に体現する最先端都市をつくるという構想です。

今現在においては、日本より諸外国の方が進んでいます。例えば、エストニア共和国では、市役所等に行かなくても、ほとんどの行政手続きがオンラインでできるようになっています。また、中国の杭州では、道路のライブカメラの映像をAIで分析し、交通状況に応じて、信号機を自動で切り替えることで、渋滞が緩和され、救急車の到着時間も半減していると聞いています。

我が国においても、諸外国以上に、こうした先進的な取り組み実装していく必要があります。また、新型コロナウイルス感染症 が全世界に広がる中、対策として、接触感染を防ぐために、在宅での医療・介護サービス、パソコンやテレビ電話を通じて、オンライン服薬指導、テレワークを実施する企業も多数でており、教育分野でも、オンライン授業や自宅学習アプリなども急速に普及し始めています。

遠隔診療 や 遠隔教育 など、遠隔でも可能な住民サービスの実装がより一層必要であると考えております。私の選挙区である貝塚市をはじめ、泉州においても、色々と考えられることが多々あると思いますが、各自治体からの提案が必要です。

暮らしやすさにおいても、ビジネスのしやすさにおいても、世界最先端をいく街、生き活き泉州の実現 の為に、各首長の皆さん、各級議員の先生方と協力して、引き継ぎ、取り組んで参りたいと思います。

 

B!