予算委員会分科会で初質問

 

「皆さんお早うございます、谷川とむです。予算委員会分科会で生活保護制度について質問させて頂きました。近年、被生活保護者が急増し、国や地方公共団体の財政を圧迫しているのは周知の事実で有ります。被生活保護者は216万人を超え、生活保護負担金も平成27年度予算案では約3.8兆円が見込まれています。生活保護でしか生きていくことができない国民を確実に守る為にも、不正受給や貧困ビジネスの取り締まりの強化など、経済と社会を損なわない新たな生活保護制度の検討を進めなければなりません。これからもしっかりと取り組んで参ります!」

 

皆さんお早うございます、谷川とむです。

予算委員会分科会で生活保護制度について質問させて頂きました。近年、被生活保護者が急増し、国や地方公共団体の財政を圧迫しているのは周知の事実で有ります。被生活保護者は216万人を超え、生活保護負担金も平成27年度予算案では約3.8兆円が見込まれています。生活保護でしか生きていくことができない国民を確実に守る為にも、不正受給や貧困ビジネスの取り締まりの強化など、経済と社会を損なわない新たな生活保護制度の検討を進めなければなりません。これからもしっかりと取り組んで参ります!