厚生年金基金。

20130416_143847_1.jpg

先日、大鋼連厚生年金基金の問題で、自民党厚生労働部会長・参議院議員福岡資麿先生をはじめ、部会のメンバーの先生方に嘆願書をお渡しに伺いました。副部会長のお一人である、衆議院議員の橋本岳先生が4月2日現在の状況を私のメールにご丁寧にご報告してくれました。4月12日に「公的年金制度の健全性及び信頼性の確保のための厚生年金保険等の一部を改正する法律案」が国会に提出されましたが、橋本岳先生のご報告を今日、大鋼連の役員の皆様にご報告させて頂きました。
加入員の減少、資産運用環境の低迷等により、基金財政が悪化し、事業主さんも、加入員さんも大変困っており、出来るだけ負担を少なくしなければ、各事業主さんは倒産に追い込まれ、従業員・加入員の皆様の生活が守れないとの思いで、今回、各先生方の窓口となりました。自民党と厚生労働省と議論を重ねて頂き、全て要望通りではありませんが、以前よりはずっと前に進んだ法案改正であると確信しています。大鋼連さんもこの一連の自民党の動きに喜んでおられます。まだまだ楽観視はできませんが、日本の土台を支えているのは、中小企業・零細企業であります。特に中小企業・零細企業の多い泉州の景気回復の為に、これからも全力で頑張って参ります!
ps,自民党の厚生労働部会の先生方に厚く御礼申し上げますと共に、FB友達でもある橋本岳先生には、メールまで頂き、親身になってご尽力賜りましたことに、心から感謝申し上げます。